title

◆お茶のれきし

 お茶は中国からつたわった飲み物。さいしょはお寺さんのぼうさんがくすりとして飲むことが多かったのですが、しだいにいっぱんの人たちにも広まりました。



◆お茶のしゅるい

 みなさんが毎日飲んでいるお茶。これはお茶の葉にお湯をそそいで飲んでいます。このような飲み方をするお茶を「せんちゃ」といいます。それにたいして、お茶の葉を細かいこにして、お湯にとかして飲むお茶があります。これを「まっちゃ」といいます。



◆「茶の湯」ってなに?

 「茶の湯」では、「茶道具」というとくべつの道具を使って、「茶室」というとくべつの部屋(へや)で、「まっちゃ」を飲みます。「茶の湯」のことを「茶道」とも言います。      
茶室


◆「茶道具」ってどんな道具?

 茶道具にはいろいろなしゅるいのものがあります。中国やちょうせんなどの外国からつたわったものや、日本に古くからつたわったものも少なくありません。いずれの道具も、たいへんていねいに取りあつかいます。

どんな茶道具があるか、少しみてみましょう。
 
茶入     茶釜
茶入     茶釜
(お茶のこなを入れます)     (お茶に使うお湯をわかします)
 
 
まだまだ、いろんな茶道具があります。
  • ほかにどんなものがありますか?
  • どのように使うのでしょう?


◆茶室ってどんな部屋?

 みなさんの部屋とくらべてください。ずいぶん小さな部屋ですね。でも、とてもていねいに、つくられています。「茶の湯」では、ひざがぶつかるほどの小さな部屋でせいかにお茶を飲みながら、心と心の会話を楽しみます。            
茶室


さらにくわしいせつめいも見てみましょう!!
茶入
茶釜


しろまるくん もどる しろまるくん