さいしょのページにもどる

   こう神山しゅうへんは、しぜんがほうふで四きおりおりの美しいすがたをわたしたちに見せてくれます。ここでは、しぜんをまんきつできるスポットをいくつかしょうかいします。

1.うそ川ぞい
四月の上〜中じゅん、さくらがいっせいに花をさかせるころがみごろです。

2.そねぬましゅうへん
早春には、ツクシ、セイヨウカラシナ、スイバなど食べられる野草がほうふで、おにぎりとすいとうを持って野草つまみはいかがですか?また秋が深まるとヌマスギ、ウルシなどのこうようがすばらしく、ゆうひをあびたふうけいはみごとです。

3.こう神山ちょう上
日夏、いなさと町りょうがわどちらからも登れます。しょよう時間は30分ほど。ちょう上で心地よい風にふかれながら青いびわこをいちぼうすれば、気分もさわやかになります。

4.そねぬま
冬になると北国からえっとうするために様々な水鳥がわたってきます。水鳥をかんさつするにはぜっこうの時期です。寒いからと家の中でこたつにばかり入っていないで、バードウォッチングにきょうじてみればいかがですか?

 
 
ここに記したのはほんの一部分です。あなたなりのスポットを見つけてください。

こう神山とそのしゅうへんのしぜんかんさつガイド