絵からぬけでたほとけさま

彦根市開出今(かいでいま)町のお話


これは、犬上川の近くにある開出今(かいでいま)町の覚勝寺(かくしょうじ)というお寺につたわるふしぎなお話です。

むかし、犬上川は、大雨がふるたびに、川のていぼうがきれ、どろ水は、家の中にまで入り、時には、田や畑が流され、人々をたいへんこまらせていました。

村人は、なんとか大水から村をまもろうと、

「ていぼうがきれませんように。」

「大雨になりませんように。」

と、ほとけさまに一心においのりしました。そして、覚勝寺(かくしょうじ)のえらいおぼうさんである永尊(えいそん)や、庄屋(しょうや)の西空(さいくう)が中心になって、みんなで力を合わせて、ていぼうの工事をすることにしました。

いよいよ工事がはじまると、二人は村人のせんとうにたって、あせやどろにまみれてはたらきました。どんどん工事はすすみ、ていぼうは、みごとにできあがりました。

「まあこれで大雨がふっても、ていぼうはだいじょうぶだろう。」

と、村人たちは安心しました。

ところが、ある年のこと、いく日もいく日も大雨がふりつづき、犬上川の水は、どんどんふえてきました。今にもていぼうがきれそうです。村人は、あわてて、ふりしきる雨の中を、みのやかさをかぶって、土をつめたわらをはこんだり、大きな石をはこんだりして、村をまもろうといっしょうけんめいでした。

するとその時、どこからあらわれたのか見なれないおぼうさんが二人、雨の中を、ずぶぬれになりながら、いっしょうけんめいはたらいていらっしゃるではありませんか。

しかし、村人たちは、ていぼうをまもることにむちゅうで、あまり心にもとめませんでした。

ふりつづいた大雨も、夜が明けることからだんだんと小ぶりになりました。ありがたいことに、一ばん中まもりつづけたていぼうは切れずにすみました。

「まあ、やれやれだ。」

「よかった。よかった。」

と、村人たちはよろこびあいました。

しかし、人々がよろこびあうなかで、ふしぎなことを見つけました。

それは、覚勝寺(かくしょうじ)のえんがわにわらじのあとがてんてんとつづいていることです。

「これは、いったいどうしたことだ。」

わらじのあとをたどっていくと、それは、

二人のほとけさまの絵のところまでつづいていました。

ふしぎなことに、その絵は、しっとりとぬれていました。

「ゆうべの雨の中、みんなをたすけてはたらいてくださったおぼうさんは、この絵からぬけ出したお二人だったんだ。」

「ありがたいことだ。」

と、村人は、お二人の絵の前にひざまずき、手を合わせてお礼を言いました。

それからも、犬上川に、たびたび大水の出ることがありましたが、このあたりは、あまりひどくならずにすみました。

人々は、そのたびに、絵からぬけでたほとけさまのおかげだといって、心からよろこびました。

このお二人のほとけさまの絵は、今も覚勝寺(かくしょうじ)に大切におまつりしてあります。

(彦根の昔話−お丸と二尊の絵像による−)

前の話へ目次次の話へ