かいがんせい植物
  ひこねじょうの植物にもどる  

  2.海岸せい植物

オニヤブソテツやタブノキなどの海岸せい植物が見られます。なぜ、海岸せい植物が内りくぶのひこねじょうで見られるのでしょう。

びわこがつくる海岸地方によくにたじょうけん
しが県の面せきのおよそ1/6をしめるびわこはしゅういのきこうに大きなえいきょうをあたえています。これは、他の小さな湖には見られないことです。(びわこときこうのこうさんしょう)
このようなじょうけんを持ったところにわたり鳥などによって運ばれてきたたねが、めばえ、ねづき、育ったものと考えられます。


こんなところにタブノキがある

よく見ると北の方の海岸に近いところに多いみたいですね。


ひこねじょうのしぜんかんさつガイド