1しょう せいじにど力したひとびと


遣隋使(けんずいし) 犬上御田鍬(いぬかみのみたすき)
鳥籠山(とこのやま)のたたかい 秦友足(はたともたり)
肥田城(ひだじょう)と水ぜめ 高野瀬隆重(たかのせたかしげ)
佐和山(さわやま)のこうぼう 磯野丹波守員昌(いそのたんばのかみかずまさ)
りょうみんのくらしを守ったりょうしゅ 石田治部少輔三成(いしだじぶしょうゆうみつなり)
彦根はんしょだいはんしゅ 井伊直政(いいなおまさ)
ふだいひっとうの大名 井伊直孝(いいなおたか)
梁川(やながわ)そうどう 田付新助重孝(たづけしんすけしげたか)
かい国のおん人 井伊直弼(いいなおすけ)
かげのたいろう 長野義言(ながのよしとき)
たいろう直弼(なおすけ)のふくしん 宇津木六之亟(うつぎろくのじょう)
はんのききをすくったかろう 岡本半介(おかもとはんすけ)
彦根はんの外こうを引き受けた 谷鉄臣(たにてっしん)
米そうそうどう 沢田惣七(さわだそうしち)
県ちょうを彦根へ 浅見竹太郎(あさみたけたろう)
彦根市たんじょう 堀勘治郎(ほりかんじろう)

コラム

目次 次の章へ