3しょう 人づくりにつくしたひとびと


ど力のじゅ学者 若林強斎(わかばやしきょうさい)
古学(こがく)の道をといた 沢村琴所(さわむらきんしょ)
直弼(なおすけ)のせいじを助けた 中川漁村(なかむらぎょそん)
さいほうのおっしょさん 小川絹(おがわきぬ)
彦根中学校のせつりつにつくす 井伊直憲(いいなおのり)
山田神社のさいけん 平川昌信(ひらかわまさのぶ)
河瀬(かわせ)小学校生みの親 広瀬愼一郎(ひろせしんいちろう)
青年にゆめときぼうを 石居勘平(いしいかんぺい)
外国語教育につくした 鈴木貫一(すずきかんいち)
「大藪(おおやぶ)学校」のそうせつ 堀勘平(ほりかんぺい)
教育のはってんにつくす 馬場新三(ばばしんぞう)
教育にじょうねつをもやす 辻勝太郎(つじかつたろう)
高宮村せいにつくした 北川予四郎(きたがわよしろう)
青年だん育ての親 山村権之助(やまむらごんのすけ)
命がけで盲児(もうじ)のために 山本清一郎(やまもとせいいちろう)
しょうがい者につくす 西原正則(にしはらまさのり)

コラム

前の章へ 目次 次の章へ