5しょう ひこねの文化をささえたひとびと


蕉門十哲(しょうもんじってつ)のひとり 森川許六(もりかわきょりく)
彦根が生んだ俳人(はいじん) 月沢李由(つきざわりゆう)
直弼(なおすけ)の心をささえた名そう 仙英(せんえい)
じひぶかい歌(か)人 慈門尼
はんこうのけんせつに力をそそぐ 佐々木海量(ささきかいりょう)
彦根はんの国学者 小原君雄(おはらきみお)
はんこうの学門方 龍草盧(たつそうりょ)
弘道館(こうどうかん)の教頭 田中芹坡(たなかきんば)
彦根はんの文学者 堀厳山(ほりげんざん)
りょうさい・けんぼのかがみ 頼梨影(らいりえ)
感じたままをぶんげいにつづる 木俣修(きまたおさむ)
”天国に結(むす)ぶ恋(こい)”のさくし者 小林英俊(こばやしえいしゅん)

コラム

前の章へ 目次 次の章へ