title point さいしょのページにもどる
<-- 前のページへ 次のページへ -->
line

   うんぜん山から流れ出たせり川げんざい、たが町のしりゅうを集めて湖東平野の北部を西流し、ひこね市がいの南がわからまっすぐびわこに注いでいます。
 せり川はひこね市の南部を流れるうそ川や犬上川にくらべ水りょうもそれほど多くありませんが、古代からしゅうへんの人々にとってはきちょうな水しげんでした。


《せり川しゅうへんのじょうり》

 日本にいなさくがつたえられたのは、今からやく2300年前、じょうもん時代のしゅうまっきのことです。いなさくは、かりを中心としたそれまでの人々のくらしを大きくへんかさせ、たいりくからちょうせんはんとうをたて九州北部につたわったいなさくぎじゅつは、急速に西日本に広まっていきました。湖東地方にもやよいじだいにはいなさくが行われたことがひだ西いせきややぐら川いせきなどのいせきの出土品から分かります。
 いなさくは、その後日本の国づくりのきほんとされ、古代国家は7せいきには全国にすいでんこうちを区画するじょうりせいを行いました。せり川流いきにもじょうりのあとが見られ、せり川の水をりようしたいなさくが行われていたようです。げんざいのしがいちにも、おそらくこのようなじょうりがあったことでしょう。当時、このちいきは犬上ぐんにぞくしていたので、下の図のように、さかたぐんにぞくしたげんざいのとりいもとふきんとはじょうりの方向がことなっていることにも注意しておきたいことです。

  芹川周辺の条里地割(写真をクリックすると拡大表示されます)

せり川しゅうへんのじょうり地わり
(写真をクリックするとかくだいひょうじされます)



line
せり川のしぜんかんさつガイド