title point さいしょのページにもどる
<-- 前のページへ 次のページへ -->
line

   せり川は、ひこねにじょう下町が出来るいぜんは、げんざいのJR線とせり川が交わるさるおとよばれるところから、北流してまつ原内湖に注いでいたとつたえられ、しゅうへんには、ふちやぬまの多いところであったようです。えど時代のはじめの、はないせいしんという人によって作られた『ひこねいにしえず』とよばれる古絵図には、当時のけいかんや、しせきがえがかれています。この絵図は、さいしょにえがかれたものはつたわっておらず、げんざいは写し取ったものがいくつか見られますが、とうしょのものにかきくわえられたり、しょうりゃくされているため、それぞれことなる点もあります。
 たとえば、『ひこね市し』にのせられたものは、げんざいのせり川のいちに、「和川」という川が、きゅうかどうからぶんきしているようにえがかれていますが、その他のものには見られないことなどです。

  彦根古図部分(滋賀大学経済学部附属資料館所蔵)(写真をクリックすると拡大表示されます)

ひこねいにしえずぶぶん(しが大学けいざい学ぶふぞくしりょうかんしょぞう)
(写真をクリックするとかくだいひょうじされます)



line
せり川のしぜんかんさつガイド