title point さいしょのページにもどる
<-- 前のページへ 次のページへ -->
line

   『ひこねいにしえず』のなかには、「ちょうそねしょう」「ごさんじょうりょう」などのめいしょうが見られますが、これらはなら時代こうきからせいりつしてきたしょうえん(しょうえんは古代のりつりょうせいによる、こう地こうみんせいがくずれ、田地をしゆうかしていったもので、そのほとんどは、中央のきぞくや寺社がりょうしゅとなっていました。)とよばれる田地のことです。このほか、かまくら時代や室町時代の古い文書には、犬上そう・あんよう寺そう・せりそう・ぬなみそうなどせり川しゅうへんの地名のついたしょうえんが多く見られます。せり川の名も、おそらく「せりそう」の名をとってよばれたのでしょう。また、せりの字は、かまくら・むろ町時代では世理・せり・ぜんことわり・ぜんりなどが用いられ、せりの字を使うようになったのはえど時代になってからのことと考えられます。せりそうは、平安時代すえ、とばじょうこうが京都こうりゅう寺へきしんしたしょうえんとつたえられ、かまくら・むろ町時代を通じてこうりゅう寺がりょうしゅとなっており、しょうえんからは、毎年、ぜいとしての作物やみつぎものが東山道や湖上交通をりようして京都へ送られ、またりょうしゅとのれんらくがとられていました。

  彦根古図略図(写真をクリックすると拡大表示されます)

ひこねいにしえずりゃくず
(写真をクリックするとかくだいひょうじされます)
彦根市周辺の荘園(写真をクリックすると拡大表示されます)

ひこね市しゅうへんのしょうえん
(写真をクリックするとかくだいひょうじされます)


  後宇多院院宣(広隆寺所蔵)

ごうだいんいんせん(こうりゅう寺しょぞう)
(かいせつ)
 この古文書は、せいあん4年(1302)に、こうりゅう寺のしゅうり・ふっこうなどのため、おうみの国せりそうのりょうゆうを当時のじょうこう(ごうだいん)がほしょうしたことをつたえています。



line
せり川のしぜんかんさつガイド