title point さいしょのページにもどる
<-- 前のページへ 次のページへ -->
line

   せきがはらのかっせんご、けいちょう6年いいなおまさがさわ山じょうに入り、石田みつなりのいりょう18万石をおさめることになりました。その後けいちょう8年いいなおつぐのときに、ひこねじょうのちくじょうけいかくが始まり、ひこね山を中心とした新しいじょうか町けんせつが着手されました。この工事は、当時まつばら内湖へ注いでいたせり川の流れをさるおふきんからびわこへ直進させ、ぬまちやふちをうめたて、三重のほりを切るだいきぼな土木工事でした。当時のせり川のかどうは、大きくくっきょくしていてぬまやふちが多いため、大雨のときなどは水がいを引き起こしやすかったのでしょうか。じょうか町けんせつにあたっては天守やじょうかくのけんせつとともにじゅうような工事であったとそうぞうされます。これらの工事には、ばくふの命によりはん内のみならずいが・いせ・おわり・みの・ひだ・わかさ・えちぜんの7国12大名が動員され、ばくふからも3人のぶぎょうがはけんされました。こうして切り開かれたせり川のしんかどうは、ちすいのためのけんごなていぼうをそなえるとともにじょうか町南部をがいてきから守るぼうえいせんのやくわりをもになっていたのです。その後、せり川はかんえい11年(1634)9月からやく2か月かけて、南がわへ8間半(やく15km)かくふくこうじを行っています。

  朝鮮人道見取絵図(東京国立博物館所蔵)(写真をクリックすると拡大表示されます)

ちょうせん人道見取絵図(東京国立はくぶつかんしょぞう)
(写真をクリックするとかくだいひょうじされます)



line
せり川のしぜんかんさつガイド