title point さいしょのページにもどる
<-- 前のページへ 次のページへ -->
line

   せり川のつけかえにより始められたじょうか町けんせつはじゅんちょうにすすみ、けいちょう11年(1606)には本丸天守がかんせい、しゅうへんのぶけやしきや町屋の町わりもすすみ、外ぼりとせり川北がんとの間、中やぶの地にはあしがるの組やしきがはい地され、中やぶぐみ(げんざいのさかえ町)とよばれました。またおおさかのじんのせんこうにより、けいちょう20年、げんわ3年(1617)に5万石ずつのかぞうがあり、げんわ3年に新たにあしがるをふやし、かわら町うらて(げんざいのせり橋2丁目)に組やしき(せりぐみ)がおかれました。さらにかんえい6年(1629)にも大雲寺ふきんのせり川北がんに組やしき(大雲寺組)をおいています。
 こうして出来たあしがる組やしきは、ちょうど外ぼりとせり川北がんとの間をうめつくすようにはいびされ、まさにじょう下町のがいえんを守るもくやくでつくられたといえるでしょう。

  天保7年(1836)に作られた「御城下惣絵図」6幅の合成(写真をクリックすると拡大表示されます)

てんぽう7年(1836)に作られた「ごじょう下そう絵図」6ぷくのごうせい
(写真をクリックするとかくだいひょうじされます)



line
せり川のしぜんかんさつガイド