title point さいしょのページにもどる
<-- 前のページへ 次のページへ -->
line

   ひこねのじょう下町は今もえど時代のおもかげをかくしょにとどめています。表通りや駅前には大きなビルがたちならぶようになりましたが、一歩うらどおりへ足をふみいれると、まだまだそこは小さな自動車がやっと通れるくらいの昔ながらのろじうらの世界。えど時代こうきの古絵図と今の地図を重ね合わせてみると、やく8わりはかわっていないことに気づきます。なかでもせり橋2丁目しゅうへんのきゅうあしがる組やしきのあったところの路地は、そっくりそのままのこされているのです。このあたりには、えど時代こうきのやしきが一部のこされているところがあり、当時のけいかんがしのばれます。間口はやく12m、瓦葺のいたへいまたはどべいがひょうじゅんてきなすがたです。
 また、組やしきからせり川のどてへ上がる急なさか道は、古絵図にも見られるものです。
 ごさんじょう橋の北西の一角には、当時ごふしんじょうがあったところで、今もその一部がじゅうたくとしてのこされています。

  image image

  (写真をクリックすると拡大表示されます)

(写真をクリックするとかくだいひょうじされます)



line
せり川のしぜんかんさつガイド