title point さいしょのページにもどる
<-- 前のページへ 次のページへ -->
line

   けいちょう8年(1603)のせり川のつけかえのさい、ごがんのために植えられた木で、ひこねじょうちくじょう当時から、いろんな出来事をせいかんしていたのでしょうか。
 JRびわこせんふきんからびわこがんにいたるまで植えられている木は、エノキ・ケヤキ・アキニレ、そしてさくらなど500本いじょうにもおよびます。
 これらの木々は、春には新しいめをふき、さくらをさきほこらせ、みずみずしい緑をていきょうしてくれます。また夏には、強いひざしをさえぎり心地よいひかげをていきょうしてくれます。秋のおとずれとともに葉は赤くそまり、冬の足音とともに葉を落とします。冬にはえだだけになり、もの悲しさをただよわせます。
 なみきの中で一番大きなものは、地上1.5mでのかんしゅうが、448cmもあるケヤキで、大人3人がかりでやっとだきしめられる大きさです。400cmいじょうのかんしゅうのものは9本、300cmいじょうのかんしゅうのものは43本あります。
 木のしゅるいで一番多いものはサクラで238本、次いでエノキ115本、ケヤキ58本です。
 わたしたちの心をなごませてくれるこれらなみきの中には、みきがくうどうになっているものも見受けられるため、けんこうなすがたをいつまでもたもってくれるよう早急なたいさくがのぞまれます。
 また、せりがわにはいろんな鳥がやってきます。鳥のなき声を耳をすまして聞いてみましょう。いろんな声が聞こえてきます。
 それでは、JRびわこせんからびわこきしまで、せり川にそってゆっくり歩いてみましょう。


  地上1.5mでのかんしゅうベスト10

じゅんい じゅもくめい 科 名 みきまわり
1 ケヤキ にれ科 448cm
2 ケヤキ にれ科 440cm
3 エノキ にれ科 419cm
4 ムクノキ にれ科 417cm
4 ケヤキ にれ科 417cm
6 ケヤキ にれ科 414cm
7 ケヤキ にれ科 408cm
8 ケヤキ にれ科 403cm
9 ケヤキ にれ科 400cm
10 ケヤキ にれ科 397cm


せり川のじゅもくのしゅるいごとの本数(JRびわこせん〜びわこがん)

じゅもくめい 科 名 本 数
サクラ ばら科 238本
エノキ にれ科 115本
ケヤキ にれ科 58本
アキニレ にれ科 26本
ムクノキ にれ科 19本
サイカチ まめ科 17本
カジノキ くわ科 10本
(10本いじょうのものをけいさい)

鳥のなき声の持つ意味

さえずり テリトリーソング なわばりの歌
ラブソング おすがめすをよび、つがいをつくるときの歌
ジョイソング あたたかい春先にさえずる歌
地なき 鳥が話をしているときの歌

line
せり川のしぜんかんさつガイド