head

●まつばらないこかんたく

〜 しろやまからまつばらふきんをのぞむ。 〜

image
image
しょうわしょきのころのまつばらないこ

 まつばらないこは昭和19年にしょくりょう増産(ぞうさん)のもくてきでかんたくちに決定され、学徒動員(がくとどういん)によって工事が進められました。しょうわしょきのころの写真を見ると、しぜんがいっぱいで、ほかけ船がうかび、漁獲量(ぎょかくりょう)の多い、よいぎょじょうでもあった様子が分かります。今では、りくじょうきょうぎじょうや、じょうほくしょうがっこう、しみんたいいくセンターなどがたちならび、じゅうたくもふえています。かんたくちは水田ではなく、畑などにかわり、そのすがたをかえつづけています。

くろもんぐち(黒門口)ロードにもどる
indexへ