ぎょるい
MENU
植物 こんちゅう ぎょるい 動物 ちょうるい   TOP
ぎょるいの表へ
 
 市内51かしょをちょうさしたけっか、ぎょるい13科37しゅの生息がかくにんできました。
 市内を流れる大きなかせんでは、主にドジョウ科、コイ科、ハゼ科の魚が生息していました。水田の間を流れているような水路には、ドジョウ、ヨシノボリ、コイ科のさかないがいに、水草のしげった流れのおだやかなところでは、メダカを数多くかくにんしました。山間部のゆう水路では、アブラハヤやタカハヤ、ホトケドジョウをかくにんしました。
 大きなかせんでかくにんできたものの中には、オオクチバスやブルーギルなどのがいらいしゅがそんざいし、今後これらがふえると、びわこ古来のざいらいしゅをおどかすきけんせいが考えられます。
 
メダカ   ドジョウ
メダカ ドジョウ
 
調査風景
ちょうさふうけい
 
タモロコ   ホトケドジョウ
タモロコ ホトケドジョウ
 

ぎょるいの表へ