まとめ

MENU
TOP はっかんにあたって ちょうさについて ちょうさしゃ まとめ
植物 こんちゅう ぎょるい 動物 ちょうるい
 
 しがけんは、日本のほぼ真ん中にいちするため、あたたかい地方に生息する植物のほくげんち、寒い地方に生息する植物のなんげんちであると考えられます。また、にほんかいがわとたいへいようがわりょうほうの植物が見られるなど、植物学上ひじょうにきょうみぶかいちいきであります。
 ひこねしは、しがけんのほぼ真ん中にいちし、びわこにりんせつするとともに、びわこに注がれるいくつものかせんやぬまを有する水のゆたかなところです。
 今回のちょうさでしないぜんいきのじょうほうをもうらすることはできませんでしたが、この水と緑のめぐまれたかんきょうは、わずか2年間のちょうさで、われわれにたくさんの生きものをしょうかいしてくれました。
 このひこねのゆたかなしぜんは、われわれのきちょうなざいさんであり、後世にのこしていくべきであると、あらためて実感いたしました。