ちょうさについて

MENU
TOP はっかんにあたって ちょうさについて ちょうさしゃ まとめ
植物 こんちゅう ぎょるい 動物 ちょうるい
 
 このさっしは、へいせい11年4月からへいせい12年11月にかけてじっしした「ひこねししぜんかんきょうちょうさじぎょう」 のけっかをもとにして、さくせいしました。
 ちょうさを始めるにあたり、まずかくぶんやのしどういんの先生方にお集まりいただき、ちょうさほうほうやまとめ方などについて、打合せかいぎを数回持ちました。その後、かくぶんやごとに打合せかいぎをもちちょうさを開始しました。
 植物は、シダ植物いじょうの高等植物(野生植物)をちょうさのたいしょうとし、しどういんおよびちょうさいんがかくじで野外へ行き、ちょうさを行いました。ちょうさしたものはすべてひょうほんにしてしょうこほぞんしましたが、きちょうしゅであってこたいすうがきわめて少ないものは、しゃしんきろくのみとしました。
 ひょうほんは、毎年まつに開く同定会において、しゅめいのかくにんが行われました。
 また、せいそくじょうきょうのかくにんとちょうさいんのちしきこうじょうをもくてきとしたげんちけんしゅうかいを5回行いました。
 こんちゅうは、しどういんとちょうさいんとで、ひこねしほくぶのとりいもとちいきを中心にげんちちょうさを行いました。ちょうさはチョウおよびトンボ、セミを中心に行い、ひょうほんはしょうこほぞんほか、かこに行われているちょうさきろくももりこむこととしました。
 ぎょるいは、しどういんとちょうさいんとで、しゅようかせんおよび農業用・せいかつはいすいろ、山間部のわ水路について、メダカのせいそくじょうきょうを中心にちょうさしました。
 動物は、ほにゅうるいについてげんちちょうさ、ぶんけんやぎょうせいしりょうからせいそくじょうほうのあらいだしを行いました。
 げんちちょうさでは、フィールドサインのかくにん、ていてんかんさつ、トラップによるこがたほにゅうるいのほかくおよびじどうしゃしんさつえいシステムを用いたしゃしんさつえいを行いました。このほかにも、ちょうさいんがこじんてきに行っているちょうさでえられたじょうほうももりこみました。
 また、げんちちょうさのほかに県のやまいしょうちょうじゅうきゅうごやひこねしのゆうがいちょうじゅうくじょのじっせきおよび国道、県道、市道におけるロードキルはっせいじょうきょうについてのじょうほうしゅうしゅう、しみんへのアンケートちょうさも行いました。
 ちょうるいは、山手、みずべ、しがいちでポイントをえらび、げんちけんしゅうを行いながらデータのしゅうしゅうにつとめました。また、かくじがしぜんかんさつかい等にさんかし、ちしきの向上とデータのしゅうしゅうにつとめました。その他、かこに行われているちょうさきろくももりこむことにしました。